のど自慢大会

3月27日(火)のど自慢大会が、開催されました。

 

   

 

日頃よりカラオケで、練習されているご利用者様が

名乗りを上げて参加してくださいました。

 

         

 

応援グッズ等を使い参加者を皆さんで応援しました。

最後は理事長や理事等に歌って頂き盛り上がりも最高潮に達しました。

  

           

 のど自慢終了後はお客様全員でおやつタイムとし楽しい時間を過ごしました。

 

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

             

 

 

 

 

スタッフブログ   2018年05月05日

 4月クッキングクラブ

こんにちは。オレンジ荘栄養士の柴田です。

久しぶりにクッキングクラブを開催しました。私にとって初めてのクッキングクラブから3か月空いてからの2回目…前回より緊張してしまいました。

 

今回のメニューは、バナナ入りのパンプティングです。

食パンとバナナは包丁を使わずに、手で小さくしてもらうようにしました。

ワイルドでしょう?

…ではなく、いろいろなお客様に参加していただきたい思いからです!

 

まず、食パンの袋を開けると、「いい匂いやね〜(*^_^*)

 

 

                

 

 

手で小さくちぎってもらいます。

 

次に、バナナも皮を剥くと、「いい匂いやね〜(*^_^*)

 

 

                

 

 

手でつぶしてもらいます。

なんだか気持ちよさそうで、見ていると私もやってみたくなりました(>_<)

 

 

               

 

 

             

 

             

 

ワイルドに手でちぎった食パンとバナナを卵液に入れて混ぜ、

フライパンにさらにワイルドに流し込んで、焼き上げました!

焼き上がりを待つ間に流れてくる香ばしい香りに、「いい匂いやね〜(*^_^*)

期待に応えられるよう、うまく焼けるかドキドキしましたが…

 

できました\(^o^)

 

            

              

大きさが分かりにくいかと思いますが、大きめフライパンいっぱいにパンプティングが詰まっております。出来上がりまでワイルド!!

 

 

            

 

 

              

 

召し上がる時は真剣なまなざしのお客様方です(.;)

次も様々なお客様が楽しめるおやつを考えたいと思います。

 

管理栄養士 柴田

 

 

 

 

スタッフブログ   2018年05月04日

 OJTインストラクター養成研修の経過報告 No.3

今回の研修内容は、シーツ交換・基本移乗です。

まずは、シーツ交換からいきます。

 

     

 

 

 

 

 

    

 

 

 

これは張り過ぎですね。

 

 

        

 

 

 

 

このように綺麗に張りましょう。

そして、裏側もしっかり伸ばします。

 

 

         

 

 

 

 

 

完成後はこんな感じです。

 

 

        

 

 

 

 

 

しわが多くあると、褥瘡の原因になったり、寝心地が悪くなります。

 

次に車椅子への移乗介助です。

 

まず、横になっているお客様に離床していただくことを伝えましょう。

 

 

        

 

 

 

 

 

出来るだけ体を小さくしてもらい、マットと体の接着面積を小さくしましょう。

 

 

     

 

 

 

 

 

頭を持ち上げる際には手の平で後頭部を優しく持ち上げます。

 

         

 

 

 

 

次に右手に持ちかえます

 

        

 

 

 

 

左手で肩甲骨と肩の裏側をしっかり持ちます。

 

    

 

 

 

 

 

 

あとは、膝下に手を回しくるんとてこの原理を使い、座ってもらいます。

 

 

 

         

 

 

 

 

車椅子とお客様の距離は出来る限り短くします。

踵を車椅子に向けた方が、スムーズに移乗できます。

 

 

         

 

 

 

介助者の足の位置にも気を付けて下さい。

左足は移乗する方に向けます。

右足でお客様の足がずれないように固定して下さい。

 

 

         

 

 

 

 

以上が移乗介助の手順です。

少しでも参考になればと思います。

次回はオムツ介助です。頑張ります!!

 

介護課 明石

 

 

 

スタッフブログ   2018年04月22日

 OJTインストラクター養成研修の経過報告 No.2

314日の研修はICF・食事の介助・移動、移乗の介助について勉強をしました! 今回も先生のお話をいろいろと吸収できました  杖の歩行介助ではスタッフが付く位置ってどこだかわかりますか(^^ 実際にやってみました! 

 

       

がっつり、横でサポートする明石副主任 笑これは間違いの例です! 

そう!正解は◎      

         ↓           

       

健側の少し後ろでスタッフは、お客様も視野に入れながら前・周囲の安全を確保します!(^^)! 日頃、当たり前にやっている事を問題として出されると横だったかな?患側やったけ?いや健側やろ!と3人で答えを確認しつつ、いろんな案も出て、いつも研修の時間があっという間です☺ あとは食事の補助具なども実際、触ってみたり 

 

      

 

あのお客様に、このスプーンいいやん、この箸はあのお客様にいいでっと実際のお客様の事も考えられ、より、残存機能を残せれるよう、購入の検討なども行えました♪ 私は新人スタッフさんと一緒に介助に回らせてもらう際にはボディメカニクスの紙を持ちながら、実際に、てこの原理を利用しながら介助をやって頂いたり、椅子や車椅子に座ってもらい、立ち上がりにくさや、立ち上がりやすさを体験してもらっています。 

 

      

 

 今回の研修でもボディメカニクスについていろいろと教わり再度、確認できたり新たな情報も勉強できました☺今後も正しいボディメカニクスの知識を自信をもって教えていき、お客様もスタッフも負担の少ない介助が1人でも多く身につけてもらえるよう頑張ります! そしてICFで教わったプラスを重視障害があっても、高齢であっても、その人のたくさんの能力やできることのプラスがあり、マイナス(できない事、障害)より、まずできること(プラス)を見つける事を重視していき、その人の抱えているできない事や障害だけでなく、「生活機能」(心身機能・構造、活動・参加)に注目することが大切だと教わりました。 自らも意識し実践し、新人スタッフにもお客様、1人、1人のできる事(プラス)を見つけてもらい、その上でお手伝いできるよう、指導できたらと思います☺                                 介護課  重山 裕香

 

 

 

スタッフブログ   2018年04月15日

 OJTインストラクター養成研修の経過報告 No.1

こんにちは!まだまだ寒い日が続きますね。

私たち介護課の精鋭?(笑)三人は2月末から7月にかけて、

介護系資格の専門校、未来ケアカレッジから有数の講師陣をお招きし、

OJTインストラクター養成研修」を受講しています。

 

OJTインストラクター」とは、簡単に言えば日々の業務の中でおこなわれる

指導をおこなうスタッフのことです。

 

これまでは、スタッフ個々の経験に任せきりになりがちであったOJTにおいて

改めて、介護の基礎を学び直し、介護技術の他、コミュニケーション技法や、

医療の知識等を身に付けたスタッフが指導に専念することで、スタッフ間のスキルのばらつきをなくし、質の高い「介護のプロ」を養成することを目標としています。

 

 

それでは、実際の研修風景をご覧いただきましょう。

この日はリーダーシップと指導法についての研修が行われました。

 

       

 

資料を前に真剣な顔つきの面々。

 

       

 

議論は熱を帯び額から汗する者も。

 

       

 

講義は日々、色褪せて行く自分の体験や心情風景の振り返りにもなり

自分を見つめ直すとても良い機会にもなっております。

この研修を通し指導者、介護士、また一人間として成長する事を目指し

より質の良いケアの実現に向け精進して行きたいと思います。

 

                      介護課 山口 勇気

 

 

 

スタッフブログ   2018年04月04日

ページ : 01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11     >> 次へ