10月クッキング

こんにちは。栄養士の柴田です。

めっきり朝晩冷え込むようになったので、

温かくて、アンコものおやつが食べたい…と思って、

10月のクッキングはおしるこ!キミに決めた!

 

しかし、おしるこの最大の難関、

それは皆さまご存知、「餅」!そう、あの餅です!

おしるこに欠かせないのに食べにくい、危険なアイツ、餅です。

餅のないおしるこなんて残念過ぎると思って

探したレシピが「里芋とご飯で作る代替餅」でした。

 

里芋餅作りの始まりは、炊き立ての里芋入りご飯から

 

 

 

        

 

ばばん、単純に、冷凍里芋と塩少々を一緒に入れて炊いただけの

どこにでもある普通のご飯です。

 

これをボウルに入れて

 

        

 

搗くべし!

 

        

 

搗くべし!搗くべし!

 

        

 

搗くべし!搗くべし!搗くべし! 

 

「若い人にはかなわへんわ〜」と言いつつも、パワフルに搗いてくれました。

ちょっとまとまりが出て、お餅らしくなったご飯です。

 

        

 

 

これを、丸めていきます。

 

    

 

 

食べやすいように少し扁平につぶしてトースターで焼いたら…

 

        

 

里芋餅できあがりです。

ご飯でできているので、お餅ではないのですが、

ここまできたらもうお餅感満載でしょう?

 

汁椀にお餅を入れてもらっていたら、味見したそうな表情のお客様です。

 

        

 

おしるこを注ぐまでもうちょっと待ってくださいね、とお願いすると

 

        

 

ちょっと残念そうな顔(^_^;)

 

おしるこを注いだら、おしるこ完全体、できあがりました。いただきます!

 

   

 

 

やっぱりあんこは皆さま喜んでくれました。

おかわりどうですか?とお聞きすると、

 

        

 

「ちょうだい(*^_^*)」とのことでした。やった!

 

里芋餅は初めての試みでしたが、

味は餅に似つつ、べとつきがなく歯切れよく食べられておいしかったです。

これならもっと他のおやつにもアレンジできるかも…

他のお客様にもお餅気分を楽しんでもらえるかも…と、

里芋餅の無限の可能性にほくそ笑んだ10月のクッキングでした。

 

 

 

スタッフブログ   2018年11月11日